Welcome to Michito Tsuruoka's blog. This space is mainly used to announce my new publications. Any comments and suggestions are more than welcome.

【ご報告】2017年3月末をもちまして防衛省防衛研究所を退職し、同4月1日付で慶應義塾大学総合政策学部に准教授として着任いたしました。引き続きよろしくお願いいたします。

I left the National Institute for Defense Studies (NIDS) at the end of March 2017 and started teaching at Keio University as an Associate Professor at the Faculty of Policy Management, based in Shonan Fujisawa Campus (SFC) in April 2017.

2017/05/13

日英、日仏の安全保障・防衛協力

鶴岡路人「日英、日仏の安全保障・防衛協力――日本のパートナーとしての英仏比較」『防衛研究所紀要』第19巻第1号(2016年12月)が刊行されました(しばらく前ですが・・・)。防衛研究所のサイトからダウンロード可能です。


PDFへのリンク:
http://www.nids.mod.go.jp/publication/kiyo/pdf/bulletin_j19_1_6.pdf

題目のとおり日英と日仏の安全保障・防衛協力を比較したものです。日英協力については、拙稿(RUSI Journal論文や、防衛研究所・RUSI共同研究など)を含め、さまざまな論考がすでに存在しますが、日仏安全保障・防衛協力については、これまでほとんど論じられてこなかった気がします。

また、日本では、英国がほぼ常に欧州の筆頭パートナーと認識される一方で、安全保障・防衛面でのパートナーとしてのフランスの認知度は低かったかと思います。しかし、アジア太平洋の安全保障へのコミットメントという観点では、フランスの存在を無視するわけにはいきません。そこで、今回の論文では若干意識的に日仏の側面に目を向けるようにしました。英仏を比較するなかで、日本の対欧州戦略に求められるものもみえてくるように思います。

1 件のコメント:

  1. こんにちは。日英防衛協力について研究している学生です。英EU離脱を受けたのにも関わらず、英国と安全保障協力を強化する理由はなぜでしょうか。また日本における経済的な不利益があると思うのですが、経済と防衛協力は全く別物なのでしょうか。鶴岡様のご見解をお聞かせください。

    返信削除